うつ病の症状は健康な方でも経験があるでしょう

種類の違い

医者と看護師

うつ病にはいくつか種類があり、種類によって特徴や治療方法が変わってきます。どのような種類があるのか学んでいきましょう。まず、他の病気と間違われやすいのが仮面うつです。身体的な症状の方が先に現れるので、別の病気と間違いやすいでしょう。頭痛や肩こり、口腔内の渇きや嘔気、動悸やめまいに手足の痺れ、胃や胸の不快感などが症状として挙げられます。これらの症状は別の病気の前兆としても考えられるので、すぐに仮面うつと気付くのが難しいのです。一般的に様々な病院を渡り歩いた後で病気が特定できずに、医師の紹介で心療内科や精神科を受診するパターンが多いでしょう。基本的に身体に不調が現れているのに原因が分からない場合は、心の変化にも注意するのが大切です。抑うつ状態にある場合は、仮面うつの可能性が非常に高いと言えるでしょう。そして、季節によって発症するうつ病もあります。季節性うつと呼ばれており、その中でも冬季うつがとても有名です。季節が変化することで発症し、季節の変化とともに回復します。一般的に本格的に寒くなり、日照時間も短くなってくる10月から12月頃にかけて発症することが多いでしょう。3月頃から暖かくなり始め、日照時間も長くなってくると回復します。原因はハッキリと分かっていませんが、日照時間に関係があると考えられているのです。日照時間が短くなることで体内のバイオリズムが変化し、体内分泌物のバランスが崩れてしまいます。冬季うつの場合は、時間の経過と共に症状が回復するので、うつ病と気付くことができずに放置してしまう方が多いのです。できるだけ早めに治療するのが好ましいと言えるでしょう。また、一般的なうつ病との違いとしては、過眠や過食の傾向が強まる事が挙げられます。基本的に、10時間以上寝ても眠気が取れないことが多くなるのです。冬場に睡眠時間が伸びている方は注意が必要でしょう。また、過食傾向も強まります。特に甘いものを過剰に摂取するようになるのです。胃の許容範囲を超えても、甘いものを摂取しようとします。お菓子やチョコレートなどを異常に欲しがるようになるのです。甘いものを過剰に摂取すると、生活習慣病のリスクも高まるので、注意するようにしましょう。冬季うつの治療方法としては、光照射療法があります。これは、強い光を利用して脳を刺激する方法です。過眠によって狂った生活リズムを整えることができるでしょう。日照時間が短くなってしまうと、太陽の光を浴びる機会も減るので、光照射療法は効果的なのです。特に朝、決まった時間に強い光を照射することで生活リズムを整えることができるでしょう。このように、うつ病にはいくつかの種類があるので、知識として覚えておくと便利です。